格安SIMと節約生活

格安SIMから切り込む節約生活

格安SIM10社の通信速度を比較してみた【2014年9月6日】

      2015/06/16

はじめに

皆さんは格安SIMを選ぶときどんな基準で選びますか?値段もありますが、速度も重要ですよね。今日は格安10社の通信速度を測定し比較しましたので報告したいと思います。

 

使用したアプリ

使用したアプリはこちら
Speedtest.net
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

 

こちらのアプリを用いて計測を行い、データをグラフ化します。

 

検証した格安SIM

検証した格安SIMは格安SIMデータ一覧の10社。

 

検証結果

検証結果は以下のようになりました。まずは速度から。

 

 

20140906速度

 

ダウンロード速度とアップロードの合計をグラフ化しました。順位は以下のとおり。

  1. b-mobile X SIM プランN
  2. BIGLOBE LTE・3G データSIMエントリープラン
  3. 楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン

ワンコインや低価格帯のSIMは順当と言えば順当です。b-mobileが圧倒的だったのは意外でした。2位に2倍近くの差をつけています。

 

レイテンシ(サーバーからの反応速度)は以下のとおり。こちらは低いほうがより優れています。

2014/09/06レイテンシ

順位は以下のとおり。

  1. 楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン
  2. BIGLOBE LTE・3G データSIMエントリープラン
  3. WIRELESS GATE WiFi+LTE 480円プラン

楽天とBIGLOBEは安定している印象ですね。OCNは集客に力を入れすぎて回線が詰まっているような感じがします。

 

まとめ

格安SIMにとって通信速度は重要なファクターのひとつ。これからも定期的に測定して比較したいと思います。

 

格安SIMの詳細な仕様はこちらから。

おすすめ音声付き格安SIMランキング2015

NifMo

豊富な割引サービスが特長のSIM。@nifty接続サービスセット割やNifMoバリュープログラムを使えば月額料金をグッと引き下げることが出来る。7月からは繰り越し対応、8月からは3G専用端末対応など素早いサービス拡充にも期待大。

楽天モバイル

初月無料、繰り越し可能、100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まるなど嬉しいサービスが盛りだくさん。楽天カードや楽天市場を利用する人にはとても便利。

DMM mobile

とにかく安さを売りに爆進中の格安SIM。データ容量を1~10GBまで選べるのでそれぞれにピッタリのプランを選択できるのが嬉しい。
繰り越しやバースト機能なども搭載し今後の動向に期待大の格安SIM。

 - LG G2 mini, 格安SIM, 格安スマホ, 比較 , , , ,