格安SIMと節約生活

格安SIMから切り込む節約生活

全ての庶民に捧ぐ!格安SIMの購入・契約・設定方法を丁寧に説明!

      2015/06/16

はじめに

皆さんは格安SIMの購入方法や契約方法についてご存知ですか?「格安SIMって言葉自体は何かで耳にしたことがあるけど…」という方のために格安SIMの購入方法から設定方法までの流れを分かりやすく説明したいと思います。

 

 格安SIMとは

2014-08-17 14.55.04

格安SIMはMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMのことです。MVNOは回線を持たずdocomoやauから回線を借りて自社ブランドの通信サービスとしてSIMを販売しています。SIMがdocomoの場合、回線の品質は実質docomoと一緒ということになります。

 

どんな種類のSIMがあるの?

各社から様々なプランの格安SIMが発売されていますが、大きく分けると3つの種類のSIMがあります。

  1. データ専用
  2. SMS付き
  3. 電話番号付き

この3つが主に発売されているSIMとなります。1番から順に月々にかかる料金は高くなると考えてください。

 

データ専用、SMS付き、電話番号付きの違いは?

3つのプランの違いですが、まずデータ専用のSIMではデータ通信しか出来ません。月々150円前後払ってSMS付きのSIMを選べば電話番号しか知らない人にもショートメールを送ることが出来ます。また、LINEなどのアプリを登録するためには電話番号認証が必要なのでSMS付きを選ぶとスムーズに登録することが出来ます。ただしデータ専用SIMでも電話認証が必要なLINEを登録する方法もあります(後日記載します)。

電話番号付きのSIMを選べば電話をすることが出来ます。また、MNPを使って電話番号を変えないまま格安SIMに乗り換えることも可能です。

また、SMS付きや電話番号付きのSIMを選べばセルスタンバイ問題を回避することも出来ます。

 

セルスタンバイ問題とは?

セルスタンバイ問題とは、データ専用のSIMを使用中スマホのバッテリーが異常に減少する問題のことです。原因はデータ専用の場合、常に圏外の状態になりスマホが電波を探そうとするためバッテリーを消費してしまうからだそうです。SMS付きや電話番号付きのSIMを選ぶことでアンテナが立ち、この問題を回避することが出来ます。

ただし、このセルスタンバイ問題が起きるかどうかは機種によって変わります。もしデータ専用機としてスマホを使いたい場合、自分の機種でセルスタンバイ問題が起きるのかどうか調べるといいでしょう。結果的にセルスタンバイ問題も無駄な出費も回避出来ます。

 

格安SIMを使うために必要なもの

格安SIMを使うためには

  • 端末
  • SIM

この2つが必要です。端末はdocomoの端末であればそのまま使えます。docomoの端末をお持ちでない方もSIMフリー端末を購入すれば格安SIMを使うことが出来ます。

 

SIMフリー端末とは?

SIMフリー端末とは、キャリア(docomo、au、SoftBank)によるSIMロックがかかっていない端末のことです。通常キャリアで購入した端末は別のキャリアのSIMや格安SIMを挿入しても使えません。しかしこのSIMフリー端末ではどのSIMを入れても使うことが出来ます(一部規格上相性の悪いものもあります)。

SIMフリー端末は徐々に増えてきましたが、「ちょっと高いよ」という方はdocomoの中古端末を買うのも1つの手です。程度はピンキリですが、キャッシュバックを貰ってすぐに売却された端末などは新品同様ですので探してみると掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

格安SIMの購入方法

格安SIMの購入方法は大きく分けて3つあります。

1.プロバイダー会社のHPから購入

これが一番スタンダードです。

  • メリット:HPから購入する時点でSIMサイズやプラン等を設定するので、SIMが届いたら即設定に移ることが出来る。
  • デメリット:購入した時点で契約が完了するため、自分でサービス開始日を指定出来ない。

初心者の方にとっては届いてからすぐに設定して使えるので分かりやすいと思います。また、特定の日から使い始めたい方はこの方法はおすすめ出来ません。

 

2.パッケージを購入

ネットショップ等からパッケージを購入し、届いたあとに契約・設定をする方法です。

  • メリット:Amazonプライムや楽天市場の明日楽等の速達サービスを使うと最速で使い始められる。パッケージを取っておいて好きな日から契約して始められる。
  • デメリット:ネットショップごとにパッケージの商品名が違ったりするので分かりづらい。購入後に契約と設定を行わなければならず、初心者には取っ付きにくい。

パッケージを購入すると早ければ次の日から格安SIMを使いはじめることが可能です。時間的な制約がある方やすぐに手に入れたい方にはおすすめです。また、パッケージだけ購入して契約は後からという使い方も出来ます。

 

3.実店舗で購入

実店舗で購入し、全て店の人にやってもらう方法です。

  • メリット:何も分からなくてもお店の人が購入・契約・設定までやってくれる。
  • デメリット:実店舗での購入に対応している格安SIMは少ない。実際に足を運ばなくてはいけない。

実店舗で購入すればお店の人が全てやってくれるので安心です。ただ格安SIMの店舗販売は始まったばかりでまだまだ対応していないのが現状です。また、なにも知らずに購入するとセットで端末を売りつけられたり縛りや解約金に気づかない可能性がありますので注意してください。

 

実際の流れ(HPから購入した場合)

これから実際の購入・契約・設定の流れを説明していきます。まずはHPから購入した場合です。

例は楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプランを購入・契約・設定する場合です。

購入・契約

まずはHPへアクセスします。アクセスしたら下の方にある申し込みボタンをクリック。

rakuten1

 

次にプランを選びます。今回はエントリープラスプランなのでこちらをクリック。

rakuten2

 

次に会員登録を行います。すでに会員の方は上を選択します。

rakuten3

 

 

会員登録が終わった後はSIMサイズの選択と個人情報の入力です。自分の端末に合ったサイズを選択します。サイズがわからない方は購入時に付いてきたマニュアルを見るか「自分の機種名(例:LG G2 mini) スペック」等で検索して調べましょう。また、申し込みの途中でオプションに加入するよう勧められますが必要だと思ったら加入してください。今回は必要ないと判断しチェックを外します。

rakuten4

 

個人情報とクレジットカード情報を入力します。格安SIMの支払いはほとんどがクレジットカードなので無い方はこの機会に作っておくといいでしょう。おすすめはカードAです。このカードは審査がゆるいのでフリーターでも学生でも通ります。まさに庶民の味方です。無料で作れますし、年会費も永年無料なので作っても全く損はありません。また、銀行口座が無い方は銀行Aがおすすめです。こちらも無料で作れますしスマートフォンからアプリを通じて申しこめば即口座を開設することが出来ます。

全て入力したら申し込み確認ボタンをクリックします。

rakuten5

 

次に申込内容の確認です。ここでプランとサイズ、個人情報、クレジットカード情報をもう一度よく確認してください。全て確認したら規約確認ボタンをクリックします。

rakuten6

 

規約を確認したら同意するにチェックを入れ、申し込むボタンをクリックします。

rakuten7

 

これで申し込みは完了です。SIMが届くのを待ちます。

rakuten8

 設定

SIMが届いたら設定を行います。まず自分の端末にSIMを挿入します。端末によって挿入する部分が異なりますのでマニュアル等でよく確認して挿入してください。

 

rakuten9

SIMを挿入したら電源を入れ、メニューからシステム設定を開きます。

 

rakuten10

システム設定を開いたらネットワークのタブからテザリングとネットワークを選択。

 

rakuten11テザリングとネットワークを開いたら下のモバイルネットワークを選択。

 

rakuten12

モバイルネットワークを開いたらアクセスポイント名を選択。

 

rakuten13アクセスポイント名を開いたらメニューからAPNの追加を選択。新規のアクセスポイントを作ります。

 

rakuten14

ここでSIMと一緒になっている台紙か、一緒に届いた書類に記載されている情報を入力します。

  • 名前:任意で構いません
  • APN:記載されているものを入力
  • ユーザー名:記載されているものを入力
  • パスワード:記載されているものを入力

また、下の方に行くと認証タイプというものがあります。セキュリティに関わるもので、大体「CHAPまたはPAP」と記載されていますがCHAPの方がパスワード情報が暗号化されるそうなのでCHAPを選択しましょう。

rakuten15

 

rakuten16入力が終了したらメニューから保存を選びアクセスポイントを保存します。

 

rakuten17

保存が終わったら先ほど作ったアクセスポイントを選択します。数秒~数十秒で認識して使えるようになります。

 

以上がHPから購入した場合の流れとなります。

 

実際の流れ(パッケージを購入した場合)

次にパッケージを購入した場合について説明していきます。例はOCN モバイル ONE 50MB/日コースです。

購入

まずはネットショップや家電量販店などでSIMのパッケージを購入します。Amazonだとすぐに届くので便利ですね。SIMが届いたら契約を行います。

 

契約・設定

HPへアクセスして下にある「※SIMパッケージ購入後のご利用申し込みはこちら」をクリックします。

ocn1

 

 

クリックするとSIMカード情報入力の画面になります。手元にあるSIMを見て番号を入力します。

ocn2

 

 

入力したら「次へ」を押します。次にオプション選択画面に移ります。これは必要のある方のみチェックを入れてください。オプションを付ければ付けたぶん月々の支払額は高くなりますのでご注意ください。

ocn3

 

 

オプションの選択が終わったら「次へ」を押して進みます。

ocn4

 

 

次にプランを選択します。ここでは一番安いプランを選んでいますが、自分に合ったプランを選択してください。

ocn5

 

 

「次へ」をクリックして次の画面へ行くと確認画面になります。内容を確認して「次へ」をクリック。

ocn6

 

 

次に個人情報を入力します。必要事項を入力したら「次へ」をクリック。

ocn7

 

 

次にクレジットカード情報を入力します。クレジットカードをお持ちでない方は作りましょう。おすすめは審査がゆるく誰でも通る、年会費永年無料のカードAです。ちなみに私は貧乏なのでこのカード以外審査が通りませんでした…トホホ。カード情報を入力したら「次へ」をクリック。

ocn8

 

 

最後に申込内容を全て確認したら同意事項にチェックを入れて「申し込む」をクリック。これで申し込みは完了です。

ocn10

 

 

申し込んだらIDとパスワードを控えてください。今後解約する時などに必要となります。

ocn11

 

 

下の方に行くとアクセスポイントに関する情報が記載されています。後はこれを先ほどと同じように入力すればOK!

ocn12

以上がパッケージ購入からの流れとなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?格安SIMの購入方法、契約方法、設定方法についてなるべく分かりやすく説明してみました!何かご意見ご感想等あればよろしくお願いします。

今後も格安SIMに関する便利な情報を上げていきますのでどうぞよろしくお願い致します!

 

※このサイトを気にいって頂けましたらFollowボタンをクリックして登録をして頂けたらありがたいです。格安SIMに関する旬な情報、最新情報をお届けいたします。

 

 

 

 

 

おすすめ音声付き格安SIMランキング2015

NifMo

豊富な割引サービスが特長のSIM。@nifty接続サービスセット割やNifMoバリュープログラムを使えば月額料金をグッと引き下げることが出来る。7月からは繰り越し対応、8月からは3G専用端末対応など素早いサービス拡充にも期待大。

楽天モバイル

初月無料、繰り越し可能、100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まるなど嬉しいサービスが盛りだくさん。楽天カードや楽天市場を利用する人にはとても便利。

DMM mobile

とにかく安さを売りに爆進中の格安SIM。データ容量を1~10GBまで選べるのでそれぞれにピッタリのプランを選択できるのが嬉しい。
繰り越しやバースト機能なども搭載し今後の動向に期待大の格安SIM。

 - 格安SIM, 節約 , , , ,