格安SIMと節約生活

格安SIMから切り込む節約生活

格安SIMユーザーが使うべきブラウザは?15個のブラウザを比較!

   

はじめに

皆さんはスマホのブラウザ、何をお使いですか?今回は格安SIMユーザーにとって最適なブラウザは何なのか調べてみることにしました。

 

調査に使用した格安SIM

調査に使用した格安SIMはASAHIネット LTE 128Kプランです。数ある格安SIMの中でおそらく最も低速のSIMと思われるこのSIMで最適なブラウザを調査してみました。

 

比較したブラウザ

比較したブラウザは以下のブラウザです。

  1. インターネット(デフォルトで入っていたブラウザ)
  2. Firefox
  3. Firefox Beta
  4. Opera
  5. Opera mini
  6. Opera classic
  7. Opera ベータ版
  8. Chrome
  9. Chrome Beta
  10. Y!ブラウザー
  11. Sleipnir
  12. Next Browser
  13. ハーレーブラウザ
  14. Boat Browser
  15. ドルフィンブラウザ

以上15個のブラウザを比較してみました。

 

比較方法

比較方法は簡単です。このサイトのurlにアクセスし固定ページ2枚を読み込み、その時のデータ通信量を比較します。

データ通信量が少ないほど速く読み込めますから快適にブラウジングが出来ます。また、一日のデータ通信容量が決まっているプランの方でもデータ通信量を節約することが出来ます。

ブラウザの高速化機能は最大限に活かすため全てONの状態にしておきます。

結果発表

いきなりですが結果発表です。
第一位Opera Mini(327KB)

二位以下に大差をつけての圧勝でした。ただサイトによってはデザインが狂うのが実におしい・・・。このサイトを表示させるとデザインのはずの部分が意味不明の漢字になったりしてます。まあ気にしなければいいだけの話ですが。データをとにかく節約したいならこれ一択です。

 

第二位ドルフィンブラウザ(723KB)

体感的にはかなり速く感じました。下手するとOpera Miniより速いです。ただ画像を後から読み込む設定になっているのか、テキスト主体の記事はすぐに読み込めるのですが、画像がたくさんあると先に記事を表示させてから読み込んでいるようでした。この辺は好みもありますが、画像がなかなか出ないでイライラする場面もありました。

 

第三位Chrome(1MB)

きっちり入ってきましたね。流石です。レスポンシブデザインもしっかり表示出来ています。ただ1MBという数字をどう捉えるかですよね。これを50回繰り返せば一日50MBプランの方は制限に引っかかる訳ですから。勿論128kbpsの低速で使えているわけですから低速に制限されても問題なく使えるとは思います。各種サービスとの連携も一番スムーズですし、デフォルトで使っていくのも1つの手ですね。

 

後は似たり寄ったりですね。特に体感速度で早いと感じたものもありませんでした。Firefox?Haha,そんなもの使っている奴がいるのかい?

 

まとめ

「ブラウザ」で検索すると腐るほど出てくるAndroid用のブラウザですが、意外と低速での使用に耐えうるものは少ないことが判明しました。多少問題点はありますがやはりOpera Miniは強かったです。

 

※このサイトを気にいって頂けましたらFollowボタンをクリックして登録をして頂けたらありがたいです。格安SIMに関する旬な情報、最新情報をお届けいたします。

おすすめ音声付き格安SIMランキング2015

NifMo

豊富な割引サービスが特長のSIM。@nifty接続サービスセット割やNifMoバリュープログラムを使えば月額料金をグッと引き下げることが出来る。7月からは繰り越し対応、8月からは3G専用端末対応など素早いサービス拡充にも期待大。

楽天モバイル

初月無料、繰り越し可能、100円ごとに1ポイント楽天ポイントが貯まるなど嬉しいサービスが盛りだくさん。楽天カードや楽天市場を利用する人にはとても便利。

DMM mobile

とにかく安さを売りに爆進中の格安SIM。データ容量を1~10GBまで選べるのでそれぞれにピッタリのプランを選択できるのが嬉しい。
繰り越しやバースト機能なども搭載し今後の動向に期待大の格安SIM。

 - 格安SIM, 比較 , ,